交通事故の場合,任意保険に入っていると,示談交渉の窓口を任意保険の担当者に任せてしまうことが多く,賠償に関してそれほど意識しないこともあり得ます。

 過失割合については,責任に影響するため,意識が向くとは思いますが,金額の関係などについては,相場なども分からないため,そのまま合意してしまうことも多くあると思います。

 また,過失割合についても,よく分からないまま言い合いになることもあり,建設的な議論ができないこともあり得ます。

 そこで,今回は交通事故における弁護士の効用についてお話ししたいと思います。

 

法律相談の効用

 まず,弁護士の法律相談を受けることには,上記のような金額,過失割合などについて,法的な相場がどうなっているのか確認できるという最大のメリットがあります。

 交通事故は毎年多数の裁判例が積み重なっていることから,一般的な水準が形成されています。

 これを知っているか知らないかでは,話の進行が大分違ってきます。

 知っていればスムーズな進行が期待できますので,これは最大のメリットになります。

 また,法律相談では,手続の進め方も確認できます。

 交通事故に遭うことは人生で何度もあるものではなく,手続きの全体を知っていることはまれです。

 手続きの進行を知っておけば,無用な不安を解消できます。

 

依頼の効用

 弁護士に依頼すると,交渉の一切を弁護士が行うことができるので,お忙しいなどの理由で交渉が進まないということを防止でき,スムーズな進行がはかれます。

 また,弁護士に依頼した場合は,都度,疑問点を解消できるので,不安なく進めることが可能になる点もメリットです。

 さらに,弁護士に依頼すると,特に慰謝料などにおいて,水準が上がることがあり得ます。これは弁護士が依頼されると裁判される可能性が高まるため,交渉を有利に進めることができる場合があるためです。

 

弁護士特約の効用

 弁護士に相談や依頼をすると,当然費用がかかりますが,弁護士特約に加入していれば,そのような費用を保険会社がもってくれますので,費用負担なく相談や依頼が可能になります。

 保険の内容を検討している方は弁護士特約の加入についても検討しましょう。

 

 

お知らせ18トラブル300不動産181事業継承83交通事故129個人298借金153債務225債権219労働112契約223家庭230新型コロナウイルス57法人136男女178相続166終活62自治体64財産270遺言72離婚161顧問弁護士18
お気軽にご相談ください