法律相談をはじめて受けられる場合に,何を準備して良いか分からないことも多いと思います。

 ひょっとしたら話をするだけで良いと考えている人も多いかもしれません。

 法律相談は,単なる相談ではなく,事情に法律を当てはめたり,各種制度利用が可能か検討したりする重要なものです。

 そこで,今回は法律相談を受けるにあたりやるべき準備についてお話ししたいと思います。

 

資料を集めておく

 まず,法律相談では,事情に法律を適用したり,各種制度が利用可能か検討したりするものですが,法律的な手続きや制度においては,裏付け資料(場合によっては証拠)が必要なものも多数あります。

 裁判だけでなく,調停や交渉などにおいても資料に基づいて進めることが多いです。

 そこで,法律相談を受けるにあたっては,資料を持参した方が正確性やスピードの点で極めて重要です。

 もし資料を家においたままですと,場合によってはもう一度法律相談を受ける必要が出てくることもあります。

 したがって,法律相談前に資料を集めておくことは大変重要です。

 

話したいことをまとめておく

 また,法律相談は時間に限りがありますので,できる限りスムーズに話を聞いた方が良いと思います。

 特に有料相談の場合,時間によってかかる料金が異なってきますので,,できるだけ短く終えた方が経済的には得です。

 もっとも,いきなり法律相談に行ってしまうと,何を話したいのかまとまらず,時間が空転したり,伸びてしまったりということがあり得ます。

 そこで,法律相談の前には,どのような話をしたいか,何を聞きたいのかなどをメモで良いのでまとめておくと良いでしょう。

 

関係者の同席は?

 人によっては事情を知っている関係者を連れて行きたいという場合があります。

 確かに事情を知っている人の話は,ゆくゆく証言になり得るため,証拠となり得るものではあります。

 しかしながら,関係者によっては,実は請求の相手方になり得る方であることもあり,弁護士が利益相反にあたる相談を受けられない関係で,関係者を連れて行くと相談を受けられないこともあり得ます。

 また,そこまでいかなくても,依頼などの場面で不都合を生じることもあります。

 ですので,法律相談はまずお一人で行くか,または,事前に関係者を連れて行って良いか,法律相談の予約の際などに聞いてみることをおすすめします。

 

 

お知らせ19トラブル338不動産199事業継承91交通事故147個人337借金175債務258債権251労働127契約251家庭260新型コロナウイルス63法人153男女204相続185終活71自治体71財産304遺言83離婚185顧問弁護士21
お気軽にご相談ください