ケガをさせられた,事故に遭った,名誉毀損されたなど,何か悪いことをされた場合に,損害賠償を請求したい場合があります。

 その場合にどうすれば良いかなど悩む場合も多いと思います。

 そこで,今回はそのような場合の損害賠償請求について,注意点なども含めお話ししたいと思います。

 

不法行為に基づく損害賠償請求

 何か悪いことをされた場合,一般的には不法行為に基づく損害賠償請求を行うことが多いです。

 不法行為とはいわば違法行為等のことで,暴力などの故意行為のみならず,事故などの過失行為も含むものです。

 

損害賠償請求の注意点

 まず,不法行為に基づき損害賠償請求を行うには,まず損害を明らかにする必要があります。

 どのような損害が発生しているか,列挙していく必要があるのです。

 ケガなどわかりやすいものは良いのですが,わかりにくいものでもとりあえず列挙しましょう。

 次に,その損害の損害額を算定する必要があります。

 治療費や物品の価格など,金額が出やすいものはよいのですが,慰謝料などよく分からない場合は,弁護士などに相談した方が良いと思います。

 さらに,相当因果関係があることも必要になります。

 これは,相手方の行為と損害発生の間の機序が,世の中的に相当なものであるかどうかという判断です。

 こちらも法的な評価になりますので,弁護士に一度相談してみてもよいかもしれません。

 

請求方法

 上記の各要件を満たした場合,具体的に相手方に請求することになりますが,単純に請求して交渉する方法や,裁判所の調停,弁護士会のADR,裁判等の方法もあります。

 いずれの方法が良いのかは事例によりますが,まずは交渉してみてから判断するのでも良いかもしれません。

 お悩みの場合には弁護士にご相談ください。

 

 

お知らせ19トラブル338不動産199事業継承91交通事故147個人337借金175債務258債権251労働127契約251家庭260新型コロナウイルス63法人153男女204相続185終活71自治体71財産304遺言83離婚185顧問弁護士21
お気軽にご相談ください