訴訟など法的手続を行う場合には,弁護士をつけた方が,専門的知識が利用できるだけでなく,弁護士に様々なことを行ってもらえるなど,メリットは多いです。

 しかし,弁護士を依頼したくても弁護士費用を準備できない場合に,弁護士依頼を断念してしまう場合もあります。

 そこで,今回は弁護士費用を準備できない場合の弁護士の依頼の方法についてお話ししたいと思います。

 

法テラス(日本司法支援センター)

 まず,経済的に一定の水準以下の方は法テラスの民事法律援助などが利用できる可能性があります。

 これは,法テラス(日本司法支援センター)が,弁護士の着手金等を一旦立替払いし,それを分割で返還していくことで,一括で弁護士費用を準備する負担を軽減する制度です。

 法テラスを利用する場合には,法テラスと弁護士が契約している必要がありますので,ご相談を行う場合には,予約などの際に確認しておくと良いでしょう(なお,当事務所では法テラスを利用できます。)。

 

弁護士と協議する

 法テラスを利用できない場合でも,弁護士が費用の支払い方法に相談に乗ってくれる場合もあります。

 例えば,報酬金を増やす代わりに着手金は安くするなど,弁護士によりますが,一定の融通がきく場合もあります。

 この点は相談の際にお話ししてみると良いと思います。

 

その他の制度

 その他にも弁護士の費用を代わりに一旦出してくれる制度もあります(アテラなど)。

 もっとも,これらもメリットデメリットがありますので,詳しくは相談の際に弁護士に聞いてみましょう。

 

 

お知らせ20トラブル409不動産251事業継承123交通事故179個人410借金216債務327債権317労働157契約318家庭322新型コロナウイルス76法人185男女248相続235終活95自治体88財産371遺言109離婚228顧問弁護士29
お気軽にご相談ください