交通事故でケガを負ったときに,焦ってしまう,知識がないなどの理由で,適切な対応をとれない場合があります。

 適切な対応をしないと,後日十分な賠償が受けられないなど,トラブルに発展してしまう可能性もあります。

 そこで,今回は交通事故でケガを負ってしまったときの注意点についてお話ししたいと思います。

 

事故直後の注意点

 事故直後は必ず,警察及び保険会社に連絡をしましょう。ご自身が動けない場合には,相手方や通りかかった方など,他の人を通じてでも良いので,必ず連絡しましょう。

 警察への連絡は法的な義務ですし,保険会社には早めに連絡しないと適切な賠償などが受けられなく可能性があります。

 ご自身や相手方など,ケガがひどい方がいる場合や心配が大きい場合などには,救急にも連絡すると良いでしょう。

 また,事故直後には,相手方の住所,連絡先の確認(免許証を見せてもらうとわかりやすいです。),相手方保険会社の名称や連絡先の確認などを行うようにしましょう。

 

治療に関しての注意点

 治療を開始したらすぐに相手方保険会社に連絡します。

 すぐに連絡して,治療する病院なども伝えておくと,保険会社が直接病院に治療費を支払うなどして適切な措置を取ってもらえます。

 連絡がないと,当初は自費での診療になってしまうので,早めに連絡しましょう。

 治療に関しては,病院ではなく柔道整復師の治療などを受ける場合もあると思いますが,そのような場合や転院をする場合など,相手方保険会社と連絡調整を行ってから行くようにした方が良いでしょう。

 また,治療はできるだけ2~3日に一度は行くようにし,勝手な中断などを行わない方が無難です。

 

示談についての注意点

 示談については,提示があった場合には一度弁護士に相談した方が良いでしょう。

 特に自分の保険に弁護士費用特約が付帯している場合には,相談料は保険会社から出ますので,相談した方が良いと思います。

 示談内容は場合により,弁護士が入った場合よりもかなり少なく提示されることもありますので,弁護士に確認する方が良いでしょう。

 

 

お知らせ20トラブル411不動産252事業継承125交通事故180個人412借金217債務329債権319労働159契約320家庭323新型コロナウイルス77法人187男女249相続236終活95自治体88財産373遺言110離婚229顧問弁護士30
お気軽にご相談ください