最近、AI技術が発達し、契約書のチェックにその技術を使えるようになりました。

 その代表的なものがLegalForceです。

 当事務所では現在、LegalForceを導入しており、弁護士による確認と併用しています。

 AIで契約書をチェックしてどのくらいの利点があるのか、他方でAIで契約書を確認できるなら弁護士が確認する必要はないのでは、など、疑問もあると思います。

 そこで、今回はAIを利用した契約書チェックについてお話ししたいと思います。

 

AIでの契約書チェック

 AIは大量のデータを自動的に処理するには大変便利なものですので、大量の契約書のデータから、当該契約書の不備、特に他の契約書にはあるのにその契約書に書いていない部分や、他の契約書とその契約書の違いの指摘など、画一的な処理を行うことに向いています。

 ですので、AIでの契約書チェックは一般的な契約書との比較をして、問題をあぶりだすという点では大変有用です。

 他方で、その契約書の条項の意味合いや、その契約書の記載から将来予想されるリスクの判別、一般の契約書にはないが入れておいた方が良い条項などを作成することは苦手といえます。

 

弁護士による契約書チェック

 弁護士による契約書のチェックでは、その契約書の条項の意味合いや、その契約書の記載から将来予想されるリスクの判別、一般の契約書にはないが入れておいた方が良い条項などを作成することなど、契約書を確認したいニーズに合った対応が可能です。

 他方で、弁護士も人間ですので、一般的な契約書からの漏れの確認をするなど、大量の単純作業をこなすことには向いておらず、非効率でもあります。

 

併用のメリット

 以上のとおり、いずれのチェックも一長一短がありますので、双方を併用することはかなりメリットが大きいと言えます。

 個人事業主も含め、企業などで、契約書を交わすことが比較的多い場合には、今後のリスクを避けるため、弁護士による契約書確認をしてもらう必要が大きくなりますが、上記のメリットなども考慮に入れて弁護士選びを行った方が良いかもしれません。

 

 

お知らせ19トラブル384不動産233事業継承108交通事故169個人385借金202債務303債権294労働147契約295家庭299新型コロナウイルス71法人173男女230相続219終活85自治体83財産350遺言101離婚211顧問弁護士26
お気軽にご相談ください