お悩みが大きくなるなどして,弁護士に相談したいと考える場合があります。

 しかし,多くの方が弁護士の知り合いなどいないことが多く,どうやって相談にたどり着いたらよいのか分からない場合も多いと思います。

 そこで,今回は弁護士に相談したいときにはどうしたら良いのかについてお話ししたいと思います。

 

直接法律事務所に連絡する

 まず,インターネットや各種媒体,役所などで,相談したい法律事務所が見つかった場合には,シンプルにその法律事務所に連絡して相談申し込みをする方法があります。

 事務所によっては,ホームページに問い合わせフォームや予約フォームを準備している場合もあり,そちらを利用しても良いでしょう。

 なお,法律事務所に電話した際に,そのまま相談ができるわけではありません。

 弁護士も様々なスケジュールがあり,相談予約をしてから相談実施に至ることが多いです。

 

弁護士会の相談会を利用する

 特に相談したい法律事務所や弁護士がない場合には,弁護士会の相談会を利用する手段もあります。

 有料なことが多いですが,相談会の内容によっては,その内容に詳しい弁護士が担当することもあり,有用でしょう(例えば,交通事故や借金など相談事項を限定した相談会が実施されるなどしています。)。

 

自治体などの相談会を利用する

 自治体などでも弁護士による相談会を実施していることがあります。

 無料のことが多いですが,相談事項が限られていないことも多いため,相談内容について詳しい弁護士が担当するかどうかは不明です。

 

 弁護士への相談というと,なかなか一歩踏み出せない方もいると思います。

 上記のように利用しやすいものもあるかと思いますので,是非弁護士に相談していただければと思います。

 

 

お知らせ19トラブル384不動産233事業継承108交通事故169個人385借金202債務303債権294労働147契約295家庭299新型コロナウイルス71法人173男女230相続219終活85自治体83財産350遺言101離婚211顧問弁護士26
お気軽にご相談ください