不動産の購入を考えている場合に,購入したい不動産が誰のものか分からない場合や,親族関係から話は聞いているが権利関係を確認したい場合など,不動産の名義や抵当権などの担保状況を確認したいことがあります。

 弁護士や不動産業者などが入っている場合はあまり考えませんが,ご本人が調査する場合にはどうすれば良いか分からないこともあるでしょう。

 そこで,今回は不動産の名義や担保に入っているか調べる方法についてお話ししたいと思います。

 

法務局で登記の全部事項証明書を取得する

 不動産の名義や担保の状況は,不動産登記を確認すれば分かります。

 不動産登記は,法務局に備え付けてある台帳やデータで,不動産の法的な権利関係を表示するものです。

 登記手続きがされていないものは記載されていませんが,おおよその内容は登記を見れば分かります。

 そして,登記の内容を確認するには,全部事項証明書(登記簿謄本)を取得するのが良いでしょう。

 全部事項証明書は不動産の名義人に関係がある人ではなくても,どなたでも取得できます。

 

法務局の登記が出てこない場合

 法務局で登記が見当たらないこともあります。

 この場合,建物の場合は未登記(登記手続きがされていない)こともありますが,いわゆる住所(住居表示)と登記の地番表示がずれていることが原因の場合もあります。

 すなわち,地番がずれているので,住所を記載して申請しても,その住所の登記がないということが起きてしまうのです。

 地番と住居表示の照合は,ブルーマップという地図を見るとどの住所がどの地番なのか分かるようになっています。

 ブルーマップは法務局に備え付けてあることが多いです。

 もっとも量が少ない場合には,法務局の係の人に聞いてみるのも一つの方法です。

 

 

お知らせ19トラブル384不動産233事業継承108交通事故169個人385借金202債務303債権294労働147契約295家庭299新型コロナウイルス71法人173男女230相続219終活85自治体83財産350遺言101離婚211顧問弁護士26
お気軽にご相談ください