交通事故にあってしまいケガを負った場合,通院して治療することになるのが通常です。

 しかし,通院の際に間違った方法をとると,場合によっては,保険会社とトラブルになってしまったり,治療費が出ないということになったりしてしまいます。

 そこで,今回は,交通事故が原因のケガで通院する際の注意点についてお話ししたいと思います。

 

保険会社への連絡を行う

 まず,通院について保険会社への連絡を行うことは重要です。

 相手方保険会社に連絡をしていないと,通院している病院等が分かりませんので,当然,相手方保険会社から治療費などが支払われません。

 また,後日連絡してしまうと,通院状況等にもよるでしょうが,治療費の支払いが遅れる,自分で支払って通う必要があるなどのデメリットが出てきます。

 ですので,通院を開始した時点でできるだけ早く相手方保険会社に連絡しましょう(なお,病院の方にも相手方保険会社の名称などを伝えておきましょう。)。

 

初回の通院では痛いところなどを全て伝える

 通院の初回の際には,痛いところは全て伝えましょう。

 痛かったのに伝えておらず,後日,診断名が増えてしまうと,その部分の支払が受けられないおそれもでてきます。

 

通院は数日に1回は行った方が良い

 通院に関しては数日に1回は行った方が良いでしょう。

 治療の効果的にもその方が良いでしょうし,保険における支払(特に慰謝料)の関係で,あまりに治療期間が空いてしまうと,十分な賠償が受けられないこともあります。

 仕事などでどうしても難しい場合を除いて,できる限り治療には行った方が良いです。

 

転院や他院との併行通院も保険会社に連絡する

 途中で転院したり,他院(柔道整復師等)と併行する場合も,保険会社に連絡しましょう。

 片方を連絡しているから大丈夫だろうと思っても,もう片方が否定される可能性があります。

 保険会社によっては,手続きの流れがあるなどしますので,必ず連絡するようにしましょう。

 

 

お知らせ19トラブル384不動産233事業継承108交通事故169個人385借金202債務303債権294労働147契約295家庭299新型コロナウイルス71法人173男女230相続219終活85自治体83財産350遺言101離婚211顧問弁護士26
お気軽にご相談ください