企業や個人事業主の方のみならず、個人の方も生活の中で契約を行うことがあります。

 契約においては、大多数のものは既に内容が決まっていることが多いですが、場合によってはお互い話し合って条件を決めるものもあれば、何も決めていないのに契約してしまうこともあり得ます。

 しかし、契約は大変重要なもので、トラブルの種になることも多いです。

 そこで、今回は契約をする場合の確認事項についてお話ししたいと思います。

 

条件をしっかり確認する

 まずはどのような契約でも、条件をしっかり確認することが重要です。

 内容が分からないのに契約してしまうと、トラブルになった時に予想外の負担が発生することがあります。

 負担が少ないものであれば良いですが、大きいものになると、トラブルも大きくなり、裁判などに巻き込まれることもあり得ます。

 そこで、条件については、契約前にしっかりと確認しておくことは大変重要になります。

 

説明と違うことが書いていないか

 口頭で説明を受けることもあるかと思いますが、説明と契約書の内容がずれていることもあります。

 こういった場合はリスクが大きいです。万が一トラブルになると、書面が優先されてしまう可能性が高いからです。

 書面の内容でも構わないのであれば良いのですが、そうではない場合には、書面の方も説明に合わせて直して貰いましょう。

 

条件を入れる場合にも記載する

 定型のものにない条件を入れる場合には、その部分を加筆することも可能です。

 相手方と十分に話し、加筆してもらいましょう。

 

条件を全く決めないのは危険

 個人同士などで契約をする場合には、しっかりと条件を決めて、書面化しておくべきです。

 くれぐれも口頭でなんとなく契約することはやめましょう。

 書類の作り方などが分からない場合には、弁護士に相談しましょう。

 

 

お知らせ20トラブル411不動産252事業継承125交通事故180個人412借金217債務329債権319労働159契約320家庭323新型コロナウイルス77法人187男女249相続236終活95自治体88財産373遺言110離婚229顧問弁護士30
お気軽にご相談ください