世の中には様々なトラブルがあり、一度トラブルが起きてしまうと、どうしたら良いか分からなくなってしまうことがあります。

 法律は世の中のルールですので、ルールに反するような状況を解消する力がありますが、全てのトラブルや悩みを解決できるわけではありません。

 そこで、今回は法律が必要となる場面(法律相談を利用すべき場面)についてお話ししたいと思います(ただし、今回は民事的な問題のみを対象にします。刑事事件や行政事件はまた別の機会としたいと思います。)。

 

トラブルが発生する場面

 一般的にトラブルが発生する場面は他人との関係で発生する場合がほとんどです。

 他人が全く関係しないトラブルというのはほとんどなく、仮に他人が全く関係しないものであれば法律の出番はありません。

 なぜなら法律は他人(国や法人も含みます)との関係のルールを取り扱うものだからです。

 

他人との関係なので

 ということは、他人との関係で解決可能であれば、法律の出番はありません。

 行政的な規制がある等の問題は別として、一般的なトラブルであれば、当事者同士で話し合って解決できれば、法律の問題ではありません。

 もっとも、当事者の合意を後日のトラブルを避けるため、法律上適切な書面を作成しておきたいなどの場合には、法律が必要となり、法律相談を利用すべき場面と言えます。

 

当事者間で解消できない場合

 当事者間でトラブルが解消できない場合には、法律の出番になり、法律相談を受けるべき場面が多いと思います。

 特に、相手方が話し合いに応じない、相手方と話し合いにならない場合などは、一度法律相談を受けても良いかもしれません。

 もっとも、相手方とのトラブルとはいえ、大昔の事情の場合や、法律にルールがないようなもの(人としての態度の問題や価値観の問題など)の場合には、法律で解決することが難しいことが多いです。

 判断が難しい場合には、一度弁護士に相談してみても良いかもしれません。

 

 

お知らせ20トラブル613不動産386事業継承219交通事故283個人617借金347債務528債権511労働247契約508家庭487新型コロナウイルス138法人282男女377相続365終活172自治体154財産571遺言190離婚351顧問弁護士58
お気軽にご相談ください