契約をする場合だけでなく、紛争が起きているかどうかに関わらず相手方を合意する場合など、書面を作成しておくべきか悩む場面もあります。

 また、人によっては、書面を作成することに全く思い至らず、紛争が起きた場合に思ったように解決できなくなってしまった方もいらっしゃるかもしれません。

 一般的には、書面は大切だけど、自分は大丈夫、今回は大丈夫などと考えて、書面を作成しないこともあるかもしれません。

 今回は、書面の大切さやその記載(文言)の重要性についてお話ししたいと思います。

 

書面はトラブルを防止するために大切

 まず、書面を作成しておくメリットとして、未然にトラブルを防止できるということがあります。決めたことを忘れてしまったときに参照できますし、お互いの認識が異なる場合にも参照できますので、書面があることで、トラブルを防ぐことができるのです。

 

トラブルが起こった後も大切

 また、トラブルが起こった場合にも書面は重要です。

 紛争になった場合に、口頭では証明することが難しいことでも、書面があれば証明が容易になります。

 話し合いなどの場合でも、書面があれば、その書面を起点に話し合うことができます。

 

文言も重要

 書面が大切といっても、何でも良いわけではありません。

 記載内容も当然問題です。

 どのような記載をすべきかは場面によりますので、この場では説明できませんが、意味が明確になるようにする、特に法律とは異なる合意や一般とは異なる合意をする場合には記載しておくなどのことは重要になります。

 

文書がないと効力がないものも

 一般に合意などは口頭でも成立するとは言われていますが、場合によっては書面がないと効力がないものもあります。

 遺言なども書面にしておかないと全く効力はありませんので、注意が必要です。

 

 書面を作成すべきか、どのような記載にすべきかについて、お悩みの方は是非弁護士にご相談ください。

 

 

お知らせ20トラブル607不動産381事業継承216交通事故280個人611借金343債務522債権505労働245契約502家庭482新型コロナウイルス136法人280男女373相続361終活169自治体152財産565遺言187離婚347顧問弁護士57
お気軽にご相談ください