相続人間で遺産分割がまとまらず、裁判所の調停を行うことにした場合、どのように進むのか不安の方もいらっしゃるかもしれません。

 調停は裁判所の手続きですので、一定のルールや流れ・手順があります。

 そこで、今回は、一般的な遺産分割調停の流れ・手順についてお話ししたいと思います。

 

相続人の確認

 まずは、相続人の確認があります。

 遺産分割は相続人全員で行う必要がありますので、申立ての段階で戸籍等一式を提出し、相続人を特定することになります。

 そして、万が一、戸籍にのっていない相続人がいないか確かめるため、調停期日の最初の方に確認があるのが一般的です。

 

遺産の確認

 次に遺産の確認があります。

 調停申立ての段階で、遺産の調査が終わっている場合は良いのですが、終わっていない場合には、調停申立て後、調停内で相続人がそれぞれ資料などを調査・提出していくことになります。

 場合によっては、裁判所の調査嘱託などで調査することもあります。

 もっとも、遺産分割は一部の遺産のみの分割も可能ですので、この場合には調査などは行わないことになるでしょう。

 

争点の確認

 また、調停前に相続人間で協議している場合、どの点で争いになっているかも確認されます。

 争点が遺産の評価などであれば、その点を期日を進めていきながら調整することになるでしょうし、遺産分割の前提問題などであれば、協議を繰り返しつつも、難しければ、他の手続き(訴訟など)が案内されることもあります。

 

案の調整

 そして、最終的には、合意案をまとめていくことになります。

 

話し合いはどのようにするか

 なお、話し合いは多い方法としては、争いのある相続人それぞれに、調停委員が話しを聞いて、考えを調整する方法です。

 同席して調整していくことは稀ですので、あまり不安に感じる必要はないと思います。

 

 

 

お知らせ20トラブル613不動産386事業継承219交通事故283個人617借金347債務528債権511労働247契約508家庭487新型コロナウイルス138法人282男女377相続365終活172自治体154財産571遺言190離婚351顧問弁護士58
お気軽にご相談ください