自分のお子さん夫婦や、親御さんらなど、親族の離婚に関して、本人に変わって相談などを申し込む方がいらしゃいます。

 法律相談は、ご本人の問題ですので、原則的には本人が相談すべきことであることは分かっている方が大半ですが、本人に頼まれた、本人が忙しい、本人が相談する気がないなど、親族が相談せざるを得ない場合もあり得ます。

 しかし、ご本人が相談する場合と親族が相談する場合では、どうしても差が生じてしまいますので、場合によっては相談の効果があまりないこともあります。

 そこで、今回はお子さんや親御さんなど親族の離婚相談についてお話ししたいと思います。

 

離婚相談で必要なこと

 離婚相談で正確な回答をするためには、婚姻関係における様々なことを聞き取る必要がありますし、場合によっては証拠資料を確認する必要があります。

 そして、様々なことの中には、親族には言いづらいことも当然入ってきます。

 ですので、本人が相談した方が良いことは当然です。

 

親族が相談することはできるか

 とはいえ、本人が多忙、本人に頼まれたなどの場合、親族が取り急ぎ相談せざるを得ないこともあります。

 そのような場合、相談できないかというと、相談することは可能です。

 ですが、その場合には、一定の注意が必要です。

 

親族が相談する場合の注意点

 親族が相談される場合には、できる限り事前に本人から相談したい内容や経緯について、しっかりと聞いておくこと、資料を預かっておくことが必要になります。

 また、親族に話したくないことは封書にして弁護士に渡してほしいなど頼んでおくことも一つの方法です。

 ただし、その親族の方と本人の利益が反する場合、親族の相談を受けた後に本人の相談が受けられなくなる場合もあり得ることは注意が必要です。

 

親族の相談が向かない場合

 とはいえそのようなことをしても、どうしても聞き漏れが出る可能性はあります。

 ですので、そもそも離婚した方が良いのか、どのように進めた方が良いのか、慰謝料は取れるのかなど、詳細な経緯を聞かないと答えられないものは、親族の相談は向かないと言えます。

 他方で、一般的な手続きの質問や離婚の流れについての質問など、具体的な事情を離れた質問であれば親族でも比較的相談しやすい可能性があります。

 

 

 

お知らせ20トラブル607不動産381事業継承216交通事故280個人611借金343債務522債権505労働245契約502家庭482新型コロナウイルス136法人280男女373相続361終活169自治体152財産565遺言187離婚347顧問弁護士57
お気軽にご相談ください