法律相談を受けるにあたり、資料を持参するように求められる場合があると思います。

 このとき、手元にあって持参するのに苦労がない場合には特に気にしないと思いますが、わざわざ資料を取り寄せなければならないなど、何か準備を行わなければならない場合、どうして資料を持参しなければならないのか、と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

 そこで、今回は、法律相談の際に資料を持参することの重要性についてお話ししたいと思います。

 

法律相談で行うこと

 まず、そもそも、法律相談の際に行うことは、弁護士に事情を話すなどして、紛争やお悩みについて弁護士に理解してもらった後に、弁護士から解決の道筋などをアドバイスしてもらうことです。

 また、アドバイスの中に弁護士を依頼すべきかどうかについての話もあった場合、その後に依頼を検討することもあるでしょう。

 

資料を持参する重要性

 弁護士がアドバイスする内容の中には、裁判などを行った場合の見立ても含まれます。

 裁判では、証拠での証明がかなり重要ですので、証拠で証明することができるかによって、裁判の勝ち負けの見立て、または、そもそも裁判を視野に入れるべきかが違ってきます。

 法律相談の際に、資料が手元にないと、弁護士が直接資料の確認をすることができません。

 そうすると、裁判での見立てについて、弁護士が正確な判断ができなくなり、資料がある場合にはこうで、ない場合にはこうなどという場合分けを行ったアドバイスをせざるを得ません。

 また、そのアドバイスで相談者ご自身が動いて解決を図る場合、資料の善し悪しを自ら判断しなければならず、その点でも難しさが生じます。

 さらに、弁護士を依頼した方が良いかについても、手続き選択がどれになるかによって弁護士をつけた方が良いかも変わってくる可能性があるため、証拠によって証明できるかどうかという点はしっかりと確認した方が良いと思います。

 以上の点からすると、やはり、法律相談の際に資料を持参することは大変重要です。

 この点、たまにですが、証拠はあるとか、証拠について話をするなどの方法でカバーしようとする方もいらっしゃいますが、証拠に関しては、どのようなものかによって法的な評価はかなり分かれてきます。

 ですので、弁護士の方で内容を確認できるように、資料は是非持参しましょう。

 

 

 

お知らせ20トラブル574不動産356事業継承199交通事故264個人576借金320債務488債権472労働230契約468家庭450新型コロナウイルス127法人264男女351相続337終活157自治体140財産530遺言177離婚326顧問弁護士52
お気軽にご相談ください