交通事故が発生すると、ケガや車の損傷など、様々な損害が発生します。

 一般的には任意保険に加入している場合が多いため、保険会社が示談代行を行うこともあり、トラブルとはならないこともありますが、他方で謝った対応をすると、トラブルが発生したり、十分な賠償を受けられなかったりします。

 そこで、今回は交通事故で余計なトラブルを防ぐためにはどうすればよいかについてお話ししたいと思います。

 

事故発生直後

 事故発生直後は、警察を呼ぶ、自分や相手の状況により救急車を呼ぶ、任意保険会社または代理店に連絡するといった初動を行いましょう。

 警察を呼ばずにうやむやにしたり、保険会社への連絡を忘れてしまうなどすると、後日の賠償に関し、一部も含め認められなくなる、または、保険会社が関与しなくなるなど不利益が発生することもあります。

 また、救急車を呼ばなかったことで、相手方が重傷になってしまうなどすると、賠償額が膨らんでしまいます。

 ですので、しっかりとした初動を行いましょう。

 加えて、事故の際は、相手方の氏名、住所、連絡先、車のナンバーなど、相手方のデータを確認することや、車の状況や道路の状況など写真や動画に撮って証拠を確保することも重要です。

 これをするかしないかで後日の対応が全く異なってきます。

 

事故後の対応

 おけがをされている場合には、事故後、しっかりと医師の診察を受け、医師の指示に従って通院を継続しましょう。

 独断で治療を打ち切ったり、独断で民間療法に切り替えるなどすると、十分な賠償を受けられないおそれが高まります。

 お車については、見積もりをしっかりとってもらうことも必要ですが、代車などの利用については、業者や保険会社などとしっかりやりとりをし、余計な支出が発生しないようにしましょう。

 

示談時の対応

 示談の際は、相手方の話を鵜呑みにするのではなく、示談案についてしっかり検討しましょう。

 場合によっては、弁護士に相談すると、示談案が適切かどうか判断してもらえます。

 

弁護士特約の有用性

 なお、任意保険に弁護士特約をつけておくと、いざというときに費用を負担せずに相談を受けられます。

 ですので、現在の保険をしっかり確認しておいた方が良いでしょう。

 

 

お知らせ20トラブル574不動産356事業継承199交通事故264個人576借金320債務488債権472労働230契約468家庭450新型コロナウイルス127法人264男女351相続337終活157自治体140財産530遺言177離婚326顧問弁護士52
お気軽にご相談ください