交通事故に遭ってしまった場合、特に初めての場合には、何をどうしたら良いか分からないことも多いかもしれません。

 何となく警察を呼ばなければいけないことは分かるけれど、他はどうすればよいのか、焦ってしまい、間違った対応をしてしまうことで、後日、思った方向に行かないこともあり得ます。

 そこで、今回は、交通事故が発生したときの初動対応についてお話ししたいと思います。

 

警察に連絡して現場に残ること

 まず前提として大切なことは現場に残ることです。

 大事な用事があると、後で良いだろうとか、場合によっては、急いでいるなどの事情で現場を離れようと思うかもしれませんが、法的な義務もあるため、警察に連絡して現場に残りましょう。

 相手方が警察は呼んでほしくないなどということもあるかもしれませんが、警察を呼ぶことは義務ですし、後日賠償に関して事故証明がとれないなど、不利益が生じます(場合によっては事故発生が立証できず、泣き寝入りになってしまうかもしれません。)。

 

自分や相手のケガを確認し救急に連絡

 次に自分や相手がケガをしているなどの場合には、救急に連絡しましょう。

 一見たいしたことはないと思えていても、数時間後に意識がなくなるなどのこともあり得ます。

 明らかに軽傷の場合を除き、救急への連絡はしておいた方が良いです。

 

相手方の情報を聞き任意保険会社に連絡

 以上の2点を行った後、警察等が到着するまでの間、ご自身がケガなどで動けないなどの場合を除き、相手方の情報確認と任意保険会社への連絡をすると良いです。

 相手方の情報については、氏名、電話番号のみならず、住所も確認して、免許証の提示を求めましょう。差し支えなければ写真などを撮らせてもらうと間違いがないかもしれません。

 交通事故の場合、双方で任意保険会社がついていると、本人同士の連絡がない場合もありますが、任意保険会社がない過失割合が100:0であるなど、任意保険会社が入らないこともありますので、氏名、連絡先、住所の確認は必須です。

 できれば車検証も確認して、車両の所有者も確認できればより良いです。

 なお、任意保険の場合、代理店がついていることもあります。そのような場合には、代理店に連絡すると良いでしょう。

 

 

お知らせ20トラブル607不動産381事業継承216交通事故280個人611借金343債務522債権505労働245契約502家庭482新型コロナウイルス136法人280男女373相続361終活169自治体152財産565遺言187離婚347顧問弁護士57
お気軽にご相談ください