借金が多い、滞納が多いなどの場合、債務整理を考えることがあると思います。

 しかし、人によっては、まだ債務の整理をすべき段階でない場合だったり、逆にもっと早く債務を整理すべきだったという場合であったり、必ずしも良いタイミングで思いつかない場合があります。

 債務整理は、段階ごとに状況が変わりますので、債務整理のしやすさや費用、手続きの選択などが変わってきます。

 そこで、今回は、債務の整理を考えるべきタイミングはいつなのかについてお話ししたいと思います。

 

銀行やクレジットの利用が増えてきた段階

 まず、銀行の借り入れやクレジットカードの利用が増えてきた場合、返済が滞りそうになることがあるでしょう。

 場合によってはリボ払いなどで、当座は楽でもなかなか債務が減らないということもあります。

 ただ、この段階では、工夫すれば支払ができることもあります。

 例えば、無駄遣いを減らす、配偶者からきちんと生活費をもらうなどで改善することもあります。

 したがって、この段階ではすぐに債務整理をしなければならないわけではありません。

 

滞納が始まった段階

 この段階では、債務整理の必要性は一段高まっています。

 というのも、すでに支払が追いついておらず、債務が増えるだけの状況になっている場合が多いからです。

 この場合、無駄遣いを減らす以外にも、場合によっては任意整理という債務整理を行った方が良い場合があります。

 ただし、破産や個人再生など裁判所の手続きを行う必要性は低いかもしれません。

 

滞納がひどくなり督促が来ている場合

 この場合、任意整理も難しく、破産や個人再生を考えるべき段階と言えます。

 特に弁護士からの通知などが来ている場合には、訴訟リスクがありますので、要注意です。

 

裁判所から通知がきた段階

 この段階では、任意整理はかなり難しいため、破産などを行う方が良いと思われます。

 もっとも、本来はもっと前の段階で弁護士などに相談し、状況が比較的簡単なうちに整理を行う方が良いでしょう。

 

ヤミ金など違法な手法を利用してしまった段階

 この段階は正直債務整理のみでは解決し難い段階に来ています。

 ヤミ金は違法業者で、破産したからと言って解決するものではなく、かなり対応が難しい状況と言えます。

 このような状況になる前に弁護士などに相談した方が良いでしょう。

 また、このような状況で相談する場合には、ヤミ金対応も行っている弁護士に相談しましょう。

 

 

 

お知らせ20トラブル574不動産356事業継承199交通事故264個人576借金320債務488債権472労働230契約468家庭450新型コロナウイルス127法人264男女351相続337終活157自治体140財産530遺言177離婚326顧問弁護士52
お気軽にご相談ください