様々な紛争において、紛争解決を目指す場合に、重要なものとして証拠が挙げられます。

 人によっては、論理的に話せば何とかなるはずとか、自分の思いを話せばわかってもらえるはずなどと考えてしまい、証拠がなくてもそれほど不安には思わない場合もありますが、いざという時に証拠がないことで、思ったような解決にならないことも多いです。

 そこで、今回は、証拠の重要性(書類などを残さないとどうなってしまうのか)についてお話ししたいと思います。

 

証拠がない場合の解決

 契約書などの証拠が残っていない場合、紛争解決にどのような支障が生じるのでしょうか。

 まず、裁判所など、第三者が介入する手続きにおいては、第三者を納得させるのに証拠が必要になります。

 特に双方で言い分が食い違っている場合、こちらが正しいと説明を尽くしても、証拠がなければ、その言い分の正しさに裏付けがなく、その言い分を基にした判断ができません。

 また、当事者同士の話し合いでも同様です。

 相手方が分かっているはずと思っても、言い分が食い違っている以上、相手方を納得させるのに証拠は必要になります。

 言った言わないでは十分な解決は図れません。まさに、論より証拠といえます。

 

裁判ではどうなるか

 特に裁判では、証拠は重要です。

 裁判では、立証責任という制度があり、原則として自己に有利な事実については、自分で証拠を出して証明しなければならなくなっています。

 証拠が不十分な場合、自分が主張している有利な事実はないものとして扱われてしまい、自分の思ったような判断はなされません。

 

調停や話し合いの場合

 調停や話し合いの場合でも、証拠は重要です。

 調停や話し合いでは、立証責任という話はないにしても、説得のためには証拠はかかせなくなってしまいます。

 証拠なしにお話ししても、一つの言い分としかとらえられず、十分な説得は難しくなるでしょう。

 

 以上のとおり、証拠は重要です。どのような場合であれ、できる限り証拠になるようなものはとっておくというのが、いざという時に有効ですので、注意しましょう。

 

 

お知らせ20トラブル613不動産386事業継承219交通事故283個人617借金347債務528債権511労働247契約508家庭487新型コロナウイルス138法人282男女377相続365終活172自治体154財産571遺言190離婚351顧問弁護士58
お気軽にご相談ください