借金などが多すぎて自己破産を考える場合、自己破産のメリットデメリットのみならず、準備の観点でも注意をする必要があります。

 準備に間違いがあると、場合によっては、破産ができなかったり、破産に高額な費用がかかったりします。

 そこで、今回は、自己破産をする場合の注意点(事前準備等)についてお話ししたいと思います。

 

自己破産のメリットデメリット

 まず自己破産をする場合、借金を支払わないで済むことは最大のメリットです。

 自己破産で免責決定が出ると差押などができなくなり、法的に支払義務が免除されます。

 他方で、一定の資産(99万円以内で、一定の種類の資産(預貯金など))以外の資産は処分しなければならない、担保が取られてしまうなどのデメリットもあります。

 また、官報というものに掲載される、警備員などの職業について破産手続中に制限がある(破産手続き中は警備員などになれない)などといったデメリットもあります。

 そして、ブラックリストに破産したことが載りますので、さらなる借金は難しくなります。

 

自己破産の準備に関する注意点

 そして、自己破産の事前準備において注意すべきことですが、まず、自己破産には多数の資料を裁判所に提出する必要があります。

 提出資料のほとんどは弁護士などが取得できず、破産者本人が収集する必要がありますので、弁護士に丸投げはできません。

 また、自己破産準備中にしてはいけないことがあります。

 まずは、新たな借金や返済です。新たな借金は、借り入れ先に対する詐欺になる可能性がありますし、返済は偏頗弁済という免責ができなくなってしまう行為にあたる可能性があります。なお、ローンやクレジットカードの利用、割賦での購入も借金に入ります。

 次に、ギャンブルや浪費です。破産するのは、返済ができないのが理由ですから、返済できないといいながらギャンブルや浪費をすることは免責ができなくなってしまう可能性があります。

 さらに、財産の隠匿です。例えば、裁判所への資料提出が面倒なので、分からないように財産を隠すことはしてはいけません。弁護士に依頼する場合には正直に話しましょう。

 その他にも細かい注意点がありますので、法律相談の際には弁護士に聞いてみましょう。

 

 

お知らせ20トラブル590不動産369事業継承208交通事故273個人593借金333債務505債権488労働238契約484家庭466新型コロナウイルス131法人273男女360相続350終活161自治体146財産547遺言180離婚336顧問弁護士54
お気軽にご相談ください