交通事故が発生すると、相手方との示談交渉や、保険会社とのやりとりなど、様々なことをしなければならなくなり、大変な状況になります。

 特にこちらが被害者側の場合、ケガなどをしていると、生活自体が大変な状況にもかかわらず、上記のような交渉ややりとりに巻き込まれ、大変です。

 この点、交渉などを弁護士に依頼すれば、弁護士が窓口になりますので、煩わしさが低減され、また、示談金が上がる可能性があるなど、メリットは大きいところです。

 しかしながら、弁護士は費用がかかるため、依頼を躊躇してしまうこともあるでしょう。

 そこで、重要になってくるのが、弁護士特約の存在です。

 今回は、交通事故における弁護士特約の重要性についてお話ししたいと思います。

 

弁護士を依頼する場合のデメリットは

 弁護士を依頼する場合のデメリットの大部分は費用がかかるところです。

 弁護士を依頼すると、10万円以上費用がかかることが多く、特に軽微な物損の場合、弁護士費用の方が得られる金額より多くなり、費用倒れになってしまうことがあり得ます。

 しかし、先ほどもお話ししたとおり、保険会社や相手方とのやりとりは煩わしさもあり、また、どうして良いか分からない中で交渉等を行うことは苦痛も大きいところです。

 

弁護士を依頼するメリット

 もし弁護士を依頼できれば、弁護士が窓口になるだけではなく、法的な処理も踏まえた交渉が行われるので、交渉もスムーズに進む場合もあり、また、一般的にですが、示談金も多くなることもあります。

 

弁護士特約の重要性

 この点、ご自身の任意保険(またはご家族の任意保険)に弁護士特約がついていると、着手金だけでなく成功報酬も含め、弁護士費用の全てが保険会社負担となるため、上記のデメリットを感じずに弁護士を依頼できます(ただし、通常より高めの弁護士への依頼ですと、弁護士特約の上限を上回った分は自己負担になることは注意です。)。

 しかも弁護士特約の保険料はそれほど高くないことが多く、任意保険に加入している方は弁護士特約を付けておいた方が良いでしょう(依頼だけでなく相談するだけの相談料も保険会社負担になります。)。

 以上のとおり、弁護士特約はデメリットは少なく、メリットが大きいものと思います。

 個人的意見ということもありますが、自動車を運転する方は弁護士特約の加入を考えてみてはいかがでしょうか(なお、任意保険に入らないと、万が一のときに経済的負担が一気に重くなりますので、前提として任意保険にも是非加入した方が良いでしょう。)。

 

 

 

お知らせ20トラブル624不動産394事業継承227交通事故289個人628借金354債務539債権522労働253契約517家庭495新型コロナウイルス143法人289男女384相続372終活177自治体161財産581遺言194離婚357顧問弁護士61
お気軽にご相談ください