紛争やお悩みの解決をしたいが、裁判所の手続きを取りたくないという場合があります。

 イメージの問題もありますが、裁判所の手続きを行ってしまうと、風評に影響するとか、相手方からの印象が悪くなるなど、何らかの抵抗を感じる場合もあります。

 そこで、今回は、裁判所の手続きはしたくない場合の紛争解決方法についてお話ししたいと思います。

 

まずは話し合い

 まず、話し合いをしっかりする方法があります。

 話し合いではなかなか難しいという場合でも、方法が悪くてうまくいっていない場合も多々あります。

 このような場合、話し合いの方法を変えることで、話し合いでの解決が可能になることがあります。

 例えば、これまでは相手を非難する話し合いを繰り返していた場合に、冷静にこれからどうするか話し合うなどです。

 とはいえ、話すにも一定のスキルがいりますので、大変さはあります。

 

弁護士を依頼する

 また、弁護士を依頼して相手方と話し合う方法があります。

 上記のスキルがいる部分について、弁護士は一定のスキルがあり、話し合いが進むことが考えられます。

 また、敵対関係もありますが、第三者的な視点も持ち込めるため、その点でも話し合いが進む可能性があります。

 

ADRの利用

 とはいえ、弁護士を依頼したとなると、敵対心が高くなるなどして、かえって話し合いが進まなくなるという場合もあります。

 特に人間関係が深い場合などは、なぜ自分に対して弁護士をつけるのかという憤慨に近い感情を抱かれ、話を聞かなくなるということもあります。

 そういうときに、裁判所を利用しない手続きとして、ADRがあります。

 ADRは弁護士会などで実施している、公平中立な弁護士などの第三者を間に入れて話し合う制度です。

 公平中立なため、上記のような憤慨などはなくなり、また、第三者の視点を持ち込めるなどしてうまくいく可能性があります。

 どうしても話し合いが難しい場合などには、ADRの利用も考えて良いと思います。

お知らせ20トラブル613不動産386事業継承219交通事故283個人617借金347債務528債権511労働247契約508家庭487新型コロナウイルス138法人282男女377相続365終活172自治体154財産571遺言190離婚351顧問弁護士58
お気軽にご相談ください