ギャンブルや浪費などで借金が増えてしまった場合はもちろんですが、新型コロナウイルスの蔓延で減収してしまって借金を返せなくなった、病気で仕事ができなくなりローンの返済が難しくなったなど、予想外のことで急に債務の返済が厳しくなることはあります。

 そのような場合、原因が一過性のものであれば貯蓄や親族の援助で何とかなるのかもしれませんが、原因が長期化した場合や、そもそも債務額が多額過ぎてぎりぎりのところで生活していた場合など、貯蓄や親族の援助ではどうにもならないこともあります。

 そのような場合には、弁護士に相談しましょう。債務の問題を弁護士に相談することには、以下のようなメリットがあります。

 

家計全体の状況から今後どうすればよいか考えることができる

 弁護士は債務整理も専門領域ですので、債務の整理の方法を複数知っていますし、経験もあることが多いです。また、時宜に応じて必要な情報を得ていることが多く、例えば新型コロナウイルスを原因とした返済困難に関する債務整理について、被災者ローン減免制度が利用できるなど、一般的な債務整理とは異なる債務整理方法の情報を持っていることで、自己破産など一般的な債務整理方法とは異なる方法を提案できる場合もあります。

 そして、それぞれの方法には向き不向きがあり、家計の状況や債務の状況など、様々な事情から向いている方法、向いてない方法があります。弁護士はそのような事情を総合的にお聞きした上で、どの債務整理の方法をとるのが良いのかアドバイスができます。

 場合によっては、依頼などしなくても、アドバイスだけで解決の道筋が見えることもあります。

 

債務の支払いがストップすることもある

 弁護士に相談の結果、債務整理を弁護士に依頼する場合、弁護士は債権者に受任通知(依頼を受けた旨をお知らせする通知)を送付しますが、受任通知を送付すると、債権者からの請求は停止し、利息は付くものの、支払をストップすることができます。

 また、弁護士に依頼するまでいかなくとも、どのくらいの不払いにどのくらいのリスクがあるのかわかりますので、場合によっては、支払の停止も含めたアドバイスがなされることもあります。

 

自己破産など抜本的な解決が図れる

 債務の返済で困っている方の中には、もはや債務で生活が成り立たず、抜本的な解決を図らなければならない場合もあります。

 このような場合に、ご本人だけで解決しようとしたり、周りの人に相談したりしても、お金を借りて支払うなど、債務の総額があまり変わらないなど、抜本的な解決にならず、比較的すぐに状況が戻ってしまうこともあります。

 このような場合には、弁護士に相談し、時には依頼するなどして抜本的な解決を図ることが有用です。

 

弁護士に相談するデメリットは?

 債務のお悩みに関しては、当事務所のように初回相談無料の事務所もありますし、法テラスの相談援助制度が利用できる場合が多いため、時間さえ取れれば相談すること自体にデメリットはないと思います。

 なお、お仕事などが忙しくてなかなか相談時間が取れない方もいるかもしれませんが、事務所によっては、土日や夜間などに相談を実施しているところもありますし、相談のメリットを考えれば、何とか時間を見つけて相談した方が良いと思います。

 

弁護士に依頼するデメリットは?

 他方、弁護士への依頼は、場合によってデメリットが発生することがあります。

 費用的な問題もありますし、ブラックリストへの記載で今後お金を借りにくくなったり、クレジットカードの審査に通らなくなったりすることもあります。

 ですので、弁護士に依頼すべきかどうかは、弁護士に相談してよく検討してから決めた方が良いでしょう。

 

お知らせ12トラブル98不動産58事業継承20交通事故33個人98借金30債務54債権56労働25契約61家庭74新型コロナウイルス15法人33男女54相続47終活18自治体12財産88遺言19離婚46顧問弁護士5
お気軽にご相談ください