相続が問題になる場合、戸籍関係を収集することになりますが、戸籍を取得することになじみがない場合が多く、また、除籍や改製原戸籍も取得する必要があり、どうやってよいかわからない場合も多いです。

 そこで、今回は、戸籍の取得方法、収集方法についてお話ししたいと思います。

 

戸籍などは自治体ごとに管理されている

 まず基本的なお話しとして、戸籍などは自治体ごとの管理になっており、本籍地の自治体が管理していますので、他の自治体に本籍のある戸籍は取れません。

 

戸籍などの仕組み

 戸籍などは、本籍地ごとに作成されますが、婚姻や出産、養子縁組、離婚、離縁など身分関係が変動する際に、新しい戸籍が作られ、前の戸籍に全員がいなくなると、その戸籍は除籍となります。

 また、法改正により、戸籍の形式が変わった場合、前の戸籍は改製原戸籍となります。

 このようにして脈々と除籍、改製原戸籍、戸籍が続いていくことになります。

 

取得方法

 相続の場合、被相続人の出生から死亡までと、相続人までをつなぐものがすべて必要になるのが一般的です。

 ですので、まず、ご自身の戸籍をとり、それからご自身の出生までさかのぼってとり、被相続人の出生から死亡までをつなぐものをとって、他の相続人につながるものをとることになると思います。

 なお、具体的には役場に行くか、郵送で取得することになりますが、相続であることをお話しすれば、他の相続人の戸籍までは取得できます。

 

古い戸籍は読みづらい

 もっとも、そのように集めていくことは簡単ではないことがあります。

 戸籍などには前後の戸籍などの情報が書かれているのですが、古いものは手書きで、達筆で書いてありますので、解読できないこともあります。

 ご自身で取得する場合は、役所に聞きながら進めることになるかと思いますが、どうしても難しければ専門家に依頼して進めることも一つです(ただし、戸籍取得目的のみで依頼することはできませんので、ご注意ください。)。

 

 

 

お知らせ15トラブル214不動産133事業継承53交通事故90個人214借金103債務150債権146労働78契約155家庭164新型コロナウイルス42法人96男女129相続121終活42自治体39財産195遺言49離婚117顧問弁護士12
お気軽にご相談ください