交際中の男女間でお金のやりとりがあると,交際が終わる場合に問題が発生してしまうことがあります。

 交際中の場合には,親密な間柄ということで,厳密な返済などがなくても,いわばなあなあで済んでしまうことがあり得ますが,交際が終わるとなれば状況が変わり,急遽返済を迫られるといったことが発生します。

 このようなことが発生しないようにするためにはどうしたら良いのでしょうか。

 

大きな金額の貸し借りは避ける

 一つはそもそも大きな金額の貸し借りはせず,万が一戻ってこなくても問題がない金額のやりとりにとどめることです。

 そうすれば,万が一問題が発生しても,被害は少なくて済みます。

 特に交際期間が短い場合,交際相手が高額の借り入れを求めてくること自体が異常事態といえるため,話を鵜呑みにしてしまうことは,危険かもしれません。

 

借用証などを作成する

 仮にどうしても大きな金額の貸し借りが必要だったり,少ない金額が積み重なって大きい金額になってしまったりする場合には,親しい間柄であっても必ず借用証などを作成してしっかりと保管しておきましょう。

 

お金のやり取りを口座間で行う

 また,現金でやりとりすると後日全く証拠が残らないこともありますので,できればお金のやり取りは口座間での振込で行う方が良いと思います。

 

保証人や担保をつける

 難しいかもしれませんが,保証人や担保を設定できるとより良いでしょう。

 

相手方の情報を入手しておく

 私も今回の問題のような相談を受けることがあるのですが,意外だったのが,交際中にもかかわらず,相手の情報をほとんど知らない場合があることです。

 交際中の場合,相手がどんな人なのか,住所や氏名,資力など,様々な情報を確認できる状態かと思いますので,相手に聞いたり,資料を確認するなど,詳しい情報を取得しておきましょう。

 仮にそういった情報を話さない,聞いてもはぐらかされるような場合で,お金を貸してほしいと言ってくる場合には,ひょっとしたらお金目当てかもしれません。

 

 以上のようなことを注意しておけば,100%ではありませんが,男女間での金銭トラブルを防ぐことができるかと思います。

 今後の参考になさってください。

 

 

お知らせ18トラブル300不動産181事業継承83交通事故129個人298借金153債務225債権219労働112契約223家庭230新型コロナウイルス57法人136男女178相続166終活62自治体64財産270遺言72離婚161顧問弁護士18
お気軽にご相談ください